Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS

Dsc_0291_r_2
2015年4月30日までの記事は以下のページをご覧ください。

http://krl-jabodetabek.cocolog-nifty.com/blog/

◆415系海外譲渡との情報について◆
画像投稿サイト等で、415系勝田車の秋田方面への配給、及び海外譲渡との報が出ておりますが、海外譲渡、少なくともインドネシア(ジャカルタ)向けの譲渡という事実はございません。現場への問い合わせ等、くれぐれもご遠慮いただきますようお願いいたします。

◆列車撮影時の注意喚起◆
2016年6月頃から各駅セキュリティー(PKD)へ蛍光ベストの着用が義務づけられています。これは、職務範囲がホーム上から線路内に拡大したことを意味しており、祝祭日前後の特別警戒期間では線路内の巡察も実施されています。撮影の際はご注意ください。



JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。Jakartaへの通勤需要の一極集中は深刻で、市内は日々慢性的な渋滞に悩まされている。そんな中、2000年代以降の鉄道輸送改善で、BOTABEKから現在では一日平均、約70万人の人々が鉄道を利用するようになったといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAI COMMUTER JABODETABEKの最新情報をお届けします。

オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

※各形式は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客車10両、Cikaumへ(1月17日)

Dsc_0436_r               2016年度分最終回、バラ10両の中身は・・・

1月17日終電後、Balaiyasaバックヤードにて保管してあった焼損客車10両がCikaumへ廃車のため回送されました。事前に頂いていた資料には、最終回はバラ10両ということで、Depokのメトロやら6151やら203やらの寄せ集めなのかとてっきり思っていましたが、なんと最後は客車でした。これにて予定全11回の施行が完了し、特に追加がなければ、2016年度分の廃車回送は全て終了したことになります。これでCikaumも完全に満杯、今年度以降は別の廃車処分場所を確保せねばならなくなるのでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊マンガライレポートVol.207

Dsc_0403_r                      先週末のゲート前

ハエ1がそのまま1月度分として入場しました。重機がゲート前付近で掘削していましたので、大事を取ってホームから撮影です。なお、目撃情によると6125Fの先週中ごろにBalaiyasa内に取り込まれたとのことで、一時的な検査なのか入場なのか、現在確認中です。また後述しますが、Depok電車区には8618Fが1月度分として入場しました。なお、先週末時点で車両故障により離脱していたハエ13、H7は既に運用に復帰しているのを確認しました。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

6131F運輸省試験(1月11日)

6131f_ujicoba                       6131F2度目の試運転
                          Foto:Mas Pascal

2016年度譲渡分の6本目、最終編成となる6131Fが前回の社内試験から約1ヶ月を経て、ようやく運輸省試験を実施しました。運転区間はDepok~Manggarai~Bogor~Depok。年末年始期間でKAI、運輸省とも忙しく試運転が設定できずにいましたが、これでようやく昨年度分6本の6000系が出揃うことになります。画像はいつもお世話になっております、Pascal様から頂きました。ありがとうございます。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1060F、Cikaumへ(1月10日)

Dsc_0129_r                  雨降りしきる中、Cikaumへ旅立つ

1月10日終電後、先週末にDepok電車区からBalaiyasaManggaraiへ配給されていた1060Fが廃車のため、Cikaumへ回送されました。年を跨いで最初の廃車回送となりましたが、書類上は2016年度の廃車となります。これにより編成単位での廃車は最後になりますが、今後も6151F先頭車、6113Fの未廃車分など、バラ車両の廃車があと数回設定され、2016年度分の廃車は完了ということになりそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊マンガライレポートVol.206

Dsc_0223_r                   新年早々賑やかなゲート前です

1月6日に12月全検分のH18はBalaiyasaManggaraiを出場し、Depok電車区に回送されています。ですので、今週は何もいない週末か、と思いきやところがどっこい、ハエ1(右)とH7(左)がゲート前に留置されていました。さらに廃車回送準備として1060Fが7日深夜にDepokから配給されてきています。なお、ハエ1は車輪削正(からそのまま全検入場?)のため、H7は故障箇所(アクセルボックスとのこと)修繕のための入場の模様。なおDepokの12月分である8607Fは未だ動きなく、さらに話によるとこのところ運用に入っていない1090Fが2016年度分として駆け込みで全検入場したとかしないとか。早いところ時間を作って橋の上からウォッチングしなければなりませんね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8607F 8924号方転回送

8925jng02                     1両だけ方転された8924

1月4日夜、12月全検分としてDepok電車区入場中であった8607Fのうち、T車である8924号がDepok~Manggarai~TanahAbang~KampungBandan~Jatinegara~Manggarai~Depok間で方転回送を実施しました。画像はいつもお世話になっておりますKucing様から頂きました。ありがとうございます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Selamat Tahun Baru 2017

Csc_0168_r                                       TanjungPriok線に日本車入線

新年あけましておめでとうございます。中古輸入禁止が刻一刻近づいてくる、今日この頃。2017年度の車両購入すら不明瞭感が漂っており、いよいよ中車製の新型車両導入の大本営発表があるかもしれない!?波乱の2017年の始まりです。まあ、そんな不安要素もある本年ですが、新年(というか大晦日から)早々目出度い話題がありましたので、新年の挨拶に代えて、更新です。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダイヤ修正情報はこちらから(2015年4月改正分)

2015年4月ダイヤ改正から1年以上が経過しておりますが、次期ダイヤ改正の音沙汰がありません。全国区では、ジャワ北本線の完全複線化が既に完成し、またジャカルタ地区においても、205系の大量投入が完了し、現状のダイヤが一応の完成を成しているため、当分ダイヤ改正が行われないものと思われます。(実施されるとしたら、Cikarang電化開業時?今年度末?)しかしながら、細かいところでは、既にその都度お知らせしている通り、修正が頻発しており、2015年ダイヤ改正時とは大きく異なる部分も発生しております。が、かといって、時刻表を一から全部作る気も起きないため、ダイヤ修正情報の過去ログを保管するという意味でも、時刻修正専用の記事をこちらに作成しました。次期ダイヤ改正が実施されるまでは、こちらの投稿を随時更新してゆきます。

更新情報
◆7/23~ 土休日のManggarai~Duriフィーダー全運休を更新◆
◆8/10~ TanjungPriok線1往復増発・一部時刻変更を更新◆
★9/26~ Tangerang線朝夕に増発・一部時刻変更を更新

★12/30~ Nambo線早朝に増発、一部10両化を更新★

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊マンガライレポートVol.205

Dsc_0152_r                       先週末のゲート前

6106Fが最終調整のため、Depok電車に回送されました(が、また戻ってきました。後述)。ゲート前にいる205はハエ4で車輪削正を行った模様です。6106Fと交換で、Depokに回送されています。全検中のはずであるH18は相変わらず姿が確認出来ません。そんな感じですが、色々とネタがあった一週間でした。なお、この更新をもって、年内最後のマンガライレポートとさせていただきます。年末年始はお休みを頂まして、年明けの更新は1月9日頃を予定しております。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(期間限定更新)週末のチカウム③

Dsc_0865_r                既に8039Fはお山の一部になっていました・・・

週末のチカウムとは言っておきながら、昨日木曜日のチカウムの様子です。というのも、月曜深夜に出た8039Fがまだ線路の上に乗っているのではないかという淡い期待、そしてこのところの3日に1度のペースで行くと、もしやまだ設定あるのでは?と事前に指定券を押さえていたためです。蓋を開けてみれば、既報の通り8039Fで年内は一旦打ち止めということですし、いざ着いてみると、全車搬出が完了しておりました・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«(期間限定更新)週末のチカウム②