Selamat datang JABODETABEK COMMUTERS NEWS

Dsc_0291_r_2
2015年4月30日までの記事は以下のページをご覧ください。

http://krl-jabodetabek.cocolog-nifty.com/blog/

◆列車撮影時の注意喚起◆
2016年6月頃から各駅セキュリティー(PKD)へ蛍光ベストの着用が義務づけられています。これは、職務範囲がホーム上から線路内に拡大したことを意味しており、祝祭日前後の特別警戒期間では線路内の巡察も実施されています。撮影の際はご注意ください。



JABODETABEK ?

JABODETABEKとはインドネシアの政治・経済の中心である首都Jakarta特別市(DKI Jakarta)とその周辺に位置を為すBogor・Tangerang・Bekasiから成る半径約50km、面積約6000km²、人口約2300万人(2010年現在)の人口を有する圏域、要するところのジャカルタ大都市圏だ。この圏域はDKIのJakarta及び周辺各都市の頭文字を繋ぎ合せ、通称JABOTABEK圏と称されていた。しかし近年Depok市が独立したことにより、その通称がJABODETABEK圏に変わりつつある。Jakartaへの通勤需要の一極集中は深刻で、市内は日々慢性的な渋滞に悩まされている。そんな中、2000年代以降の鉄道輸送改善で、BOTABEKから現在では一日平均、約70万人の人々が鉄道を利用するようになったといわれている。

と堅苦しい出だしになってしまいましたが、インドネシアの首都にもかかわらずおおよその一般観光客には完全スルーされてしまう(?)ジャカルタで今最もアツイものといえばそう、都営6000形以降続々と日本から海を渡った“中古電車”。鉄道ファン以外からもにわかに注目を集めつつある、日本の中古電車が通勤輸送に日々奮闘するPT.KAI COMMUTER JABODETABEKの最新情報をお届けします。

オランダのレールと日本の電車、インドネシアの人々が織り成すJABODETABEKワールドをお楽しみください

なお正確な情報の掲載には努めますが、現地の文献内データ間にも誤差が見受けられ、現地の鉄道ファンの見たままが大きな情報源になっている部分も多々ありますので、その点ご承知おきください。また線路内は原則立ち入り禁止です(全く守られていませんが)。セキュリティー等から指示があった場合は速やかに従って下さい。事故等に遭われても一切責任は負いかねますのであわせてお願いいたします。

※各形式は固定時刻で運転を行っておりません。車両運用や時刻などをお問い合わせいただいてもご回答は出来ませんのでご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイヤ修正情報はこちらから(2015年4月改正分)

2015年4月ダイヤ改正から1年以上が経過しておりますが、次期ダイヤ改正の音沙汰がありません。全国区では、ジャワ北本線の完全複線化が既に完成し、またジャカルタ地区においても、205系の大量投入が完了し、現状のダイヤが一応の完成を成しているため、当分ダイヤ改正が行われないものと思われます。(実施されるとしたら、Cikarang電化開業時?今年度末?)しかしながら、細かいところでは、既にその都度お知らせしている通り、修正が頻発しており、2015年ダイヤ改正時とは大きく異なる部分も発生しております。が、かといって、時刻表を一から全部作る気も起きないため、ダイヤ修正情報の過去ログを保管するという意味でも、時刻修正専用の記事をこちらに作成しました。次期ダイヤ改正が実施されるまでは、こちらの投稿を随時更新してゆきます。

更新情報
◆7/23~ 土休日のManggarai~Duriフィーダー全運休を更新◆
◆8/10~ TanjungPriok線1往復増発・一部時刻変更を更新◆

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6101F社内試運転(8月20日)

Dsc_0046_r           2016年度分トップバッターとなる6101Fがついに本線上に。

8月20日、6101FがDepok~Manggarai~Bogor~Depok間で社内試運転を実施しました。2016年度譲渡分第一回目の試運転がようやく施行です。かれこれ着岸から早3週間が経過しましたが、なんとか週末までにとりあえず1本ですが、ついに本線上の走行を果たしたかたちです。まあ、ここ3年間のペースと比べると、明らかに遅い・・・ですね。久々の新形式(6000は6000ですが、V化されていますのでね)というのはもちろんですが、そもそもの改造ペースが遅すぎるようです。これまでのステッカー仕様から、初めから塗装にしているところも大きいのでしょうけど、どうもここにもなんらかのトラブルが発生しているようで。これまでのように、後が押しているわけでもなく、怖いボスも異動でKCJを去りましたので、こうなると結局はインドネシアンマインドに戻ってしまうのですね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊マンガライレポートVol.187

Dsc_0860_r                 いい加減この光景も飽きてきましたね・・・

先週末のゲート前は引き続き、この状態です。H6+H8の12連が入場していますが、12両全てを取り込めないため(手前の倉が廃車車両で埋められているのが問題なのでしょうが)、試運転線上に205系の姿が確認出来ました。Depokでも、引き続き7122Fが入場中です。ですので、ネタの少なめなマンガライレポートです。なお、この週末はいつもお世話になっております、地味鉄庵のおっとっと様と2年ぶりに同行が叶いまして(昨年はスケジュールが合わず・・・)、濃ぃいトークを交え、新たな撮影地も開拓しつつ、撮影を敢行しました。生憎の天気でしたが、遠征大変お疲れ様でした。そんなわけで撮影枚数が膨大になり、処理が追いつかず、更新が遅れるという体たらくです・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(不定期更新)月刊デポック通信(8月分

Dsc_0725_r                  ゆっくりペースで改造が進む6000系

さて、ここ数年来の流れでしたら、既に先日到着した6000系3本の試運転が実施されて然るべきですが、事実上の新系列かつ、ここ一か月の国内情勢の激変ぶりもあり、果たしていつ試運転が実施出来るやら・・・という情勢です。そんなのですから、大きなネタもなく、そんなときこそデポック通信を。緑の6000が改造中の風景も収めておきたいですし。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊マンガライレポートVol.186

Dsc_0279_r                         こんな思わせぶりな配置はいい加減やめてもらいたい・・・

6000系の搬入レポの大事をとって、2週間ぶりのマンガライレポートですが、大概に影響はなかったようで、先々週はネタなし。先週になってようやく7月全検分の試運転も実施され、動きが活発化してきました。またゲート前の方は動きなく・・・。いつになったら廃回が施行されるのだ??細かい構内移動は実施されているのですがね。なお、Manggarai入場分のH13は既に出場しており、先週末時点で入場車は1本もいない状態でしたが、週明けにH6+H8の入場が確認されております。初の12連の全検となります。では7月25日から8月7日までの動きをどうぞ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6101F,6108F,6117F Yokoso! TanjungPriok! (7月29日)

Dsc_0077_r          2016年度分、1本目は6000系トップナンバー(二次試作車)!!

7月29日朝、2016年度分車両譲渡となる6000系60両(予定)のうち、第一陣60両がTanjungPriok港に到着しました。7月13日に東京木材埠頭を出航してから、16日間の航海。今回到着したのは6101F,6108F,6117Fの3本で、今回はシッピングマーク順(国内での離脱順)に水切りがなされました。地元マニアも驚愕のトップナンバー編成、そして最後の田窓編成の入線とあって、普段は家でゴロゴロしている在宅鉄の皆様も、Pasoso、沿線に繰り出すという異例の祭り状態と化しました;;

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さらば、運輸相 Ignasius・Jonan (7月27日)

Dsc_0004            KAI CEO時代のジョーナン。過去画像の使い回しです。

7月27日、ジョコウィ大統領は就任後2度目となる内閣改造を実施しました。この内閣改造により、Jakarta~Bandung間の中華新幹線建設進行妨害により、政府内で吊し上げにあっていた(と思われる)ジョーナン運輸相がついに閣僚から外され、運輸省を去りました。後任は前Angksa PuraⅡ(第二空港公団)社長のブディ(Budi Karya Sumadi)氏。長年、半公営企業を渡り歩いてきた、コテコテの官僚気質の人間と思われ、何も期待するものはないでしょう。それよりも、新幹線建設で日本への発注を目指していたゴーベル商務相が昨年更迭されたのに引き続き、中華新幹線の建設開始に最後の最後まで待ったをかけていたジョーナン運輸相が追放されたことにより、ついにその建設が開始されるものと思われます。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

週刊マンガライレポートVol.185

Dsc_0264_r                  古き良き時代を思い起こされる光景が

先週はさっさとマンガライレポートもデポック通信も片付け、毎晩臨戦態勢で備えていたのですが、結局やるやる詐欺で終わってしまい、気づけばまもなく今年度分の6000も到着。お馴染みのDjokoTingkirは6000の到着優先でBukitDuriに常駐させなければならないため、103の廃回は当分先まで持ち越し・・・ということですね。躊躇していないで、さっさと送るだけ送ってしまえばよかったものの(おそらく廃車先でのクレーン手配とか色々あるんでしょう。特に支社を跨ぐと、手配も一層煩雑なものになるんでしょう)。やはり工場内作業に支障を来すのか、高運転台のE20の方は森の中に再度移動しています。が、この1週間の間にさらに動きが!!E27の背後にはこれまた森の中で朽ち果てていたHITACHI(97-206Fか97-222F)が。そしてこの角度からでは見えませんが、その隣にはRheostatic(火災当該の76-110,76-119かな?それとも保存予定車だった76-108F??)も。さらにはかつての廃車置き場に6201Fの姿まで。往年のJABOTABEKの盟友たちが一堂に会すという、ある意味豪華すぎるゲート前でした。あまりの豪華さに、討死覚悟で、白昼に撮り直しをしてしまいました。とはいえ、いずれも廃車回送に出される身・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(不定期更新)月刊デポック通信(7月分)

Dsc_0284_r                 こちらも近々、大変革が起きそうな予感

早いもので、7月も下旬ですね・・・。南武の運用開始からのドタバタがようやく収まるかと思いきや、まもなく2016年度分の6000が到着の様子で、さらにその前にガラクタ置き場の整理が実施されるようで・・・。ここにいるとあっという間に年を取ってしまいます。と、いうわけでこの前6月分を書いたばかりのような気もしますが、橋の上から7月分をささっとすませます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊マンガライレポートVol.184

 Dsc_0153_r                       先週末のゲート前

衝撃の動きですね。長らく、103系ケヨE20+E27はBalaiyasaManggarai外のストックヤードに放置された後、そちらの再整備工事のために、今年に入り工場敷地内の森の中に取り込まれたり、動きがありましたが、なんと先週末にピット線入り!!が、これはもはや復活に向けた動き、などではなく、廃回準備・・・。2015年1月、つまり事実上の2014年度分を最後にピッタリと止まってしまっていた廃車回送(2015年度分はDepok電車区内でオフレールのため)ですが、今年度の譲渡車両60両分の留置場所確保のため、Manggarai,Depokの休車車両の一部がまもなく廃車される見込みです。すでに稼働車もなく、部品取りの必要もない103がまず送り出されてしまうのは仕方のないことでしょう。またE20の横には5816Fと思しき車両も並んでおり、今後の工場内の入出場に支障を来しますので、今週中にも廃回1発目が施行されるものと思われます。証拠にE20のスカート部には回送時の編成分解防止のための鎖が焼き付けてあります(これまでこんな処置していませんでしたよね)。なお、工場内ではH13が全検中です。また一つ訂正をしなければならないのですが、Depok電車区ではなんと先週に05-104Fが全検入場しています。7117Fが入場したばかり・・・なのですが、7117Fは、これまでの全検と言われるメニューは実施されておらず、台車及び一部床下機器?の整備を行ったのみで車両内装外装には手を加えず、検査が終了しているようです。調べてみると、7117Fも05-104Fもまだ2年を前にしての検査(前者が2015年1月、後者が2014年12月付で、前回出場しているはず)になっていますが、7122Fの最終出場が2014年8月になっていますので、以前KCJ公式にリリースされた今年度の全検予定にある7000というのは7122Fなのかもしれません。しかし当の7122Fは全く入場の気配を見せません。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«H27+H14 12連試運転(07月13日)