« 週刊マンガライレポートVol.133 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信 6月分 »

Tangerang線3駅開業(6月16日)

Chl44dfumaaxwle                        今度こそ、開業

先月末、突如公式Twetter上で流れたTangerang線内休止3駅の開業アナウンス。結局、そこで告知された5月28日には開業するわけもなく、その後何の音沙汰もなかったのですが、先日いよいよ公式ウェブ上で、正式開業日が再度アナウンサれ、6月16日晴れて開業の運びとなりました。やはりTwetterはダメですな。しょせんガキの遊びに過ぎません。まあその点、気まぐれではありますが、ウェブ上にプレスリリースらしきものを上げるようになったのは、まあ評価しましょう。親会社のKAIなんて、一切プレスリリースなしですからね。

そんなわけで、今回開業したのは長らくホームと上屋はありながら、ずっと休止中だった、Grogol,TamanKota,TanahTinggiの3駅。特にGrogol駅は市内中心部へのアクセスもそこそこよさそうな立地。Duriがいかんせん、旧市街のど真ん中で使いようがありませんから、やりようによってはTangerang線の第二のターミナルになるかもしれません。またTanahTinggiは目下建設が進む、空港連絡線との分岐駅になる予定ですから、後日見てくる価値はありそうですね。

なお、3駅が開業しても、Duri~Tangerang間の所要時間は変わらず(開業を見越してか、昨年6月の複線化開業以来、かなりスジを寝かしていました)30分丁度。ダイヤも4月6日の修正ダイヤをそのまま踏襲しており、終日44往復、4運用体制に変わりはありません。一応、KCJ Twetter上に出ていた時刻表を引用しておきます。あっちはいつ消えるかわかりませんからね。

Chl5gfyueaask1k                      Tangerang線 下り

Chl5gccuyaavi9n                      Tangerang線 上り


とりあえず、開業しましたよ、との報告です。

なんだか、最近ダイヤ改正から月日が経つと、修正ダイヤが公式に反映されなくなりつつあり、そろそろ自前で時刻表を作らないとダメかなぁ。





|

« 週刊マンガライレポートVol.133 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信 6月分 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2137641/60409757

この記事へのトラックバック一覧です: Tangerang線3駅開業(6月16日):

« 週刊マンガライレポートVol.133 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信 6月分 »