« 週刊マンガライレポートVol.138 | トップページ | ナハ41,ナハ40社内試運転(8月11日) »

ナハ11,ナハ7社内試運転(8月10日)

Dsc_1440            第二陣は6連で実施(画像は午前のナハ11) foto:Mas Faris

8月10日、先日到着した南武編成第二陣のうちナハ11,ナハ7編成が、午前、午後に分けてそれぞれ単独にて社内試運転を行いました。運転区間は従来通り、Depok~Manggarai~Bogor~Depok。着岸後、翌週には本線に出すというのが最近の流れのようですね。しかし、第一陣では12連での試運転となったため、6連でオリジナル姿での本線走行は今回が初となりました。まさに南武線の姿でジャカルタの地を走行です。

当方、当分の間、鉄活動出来そうもありませんので、いつもお世話になっております、Faris様、Adam様より画像提供頂きました。ありがとうございます。

オリジナル姿での走行を期待し、沿線には多数の鉄道ファンが集まったようですが、クハ205側にはすでにKCJロゴの台座(いや、養生を剥がせば、本体そのものになるのか?)が設置されており、まるで絆創膏を貼ったようないでたちになっておりますが、逆サイドはまだ設置されていなかったようです。

Dsc_4103            完全オリジナル状態での走行(網も未設置!) foto:Mas Adam

Dsc_1450                         午後のナハ7、PondokCinaカーブにて Foto: Mas Faris

網なし、ロゴなしは貴重だったようで、ナハ7には既に設置済みでした・・・。

今後、第三陣以降も同様の流れが続くのでしょうから、是非とも次回はリベンジしてみたいところです。



|

« 週刊マンガライレポートVol.138 | トップページ | ナハ41,ナハ40社内試運転(8月11日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2137641/61132105

この記事へのトラックバック一覧です: ナハ11,ナハ7社内試運転(8月10日):

« 週刊マンガライレポートVol.138 | トップページ | ナハ41,ナハ40社内試運転(8月11日) »