« ハエ32(モハ205-162,モハ204-162,クハ204-54)方転回送、他(9月26日) | トップページ | 12連試験営業終了(9月29日) »

ナハ37,10,42,13 Yokoso! TanjungPriok !(9月27日)

Dsc_0414_2               久々の大ヒット。日中水切りを狙えました。

9月16日に新潟西港を出港した貨物船が、27日朝8時過ぎ、TanjungPriok着岸。積載していたナハ37,10,42,13の順で水切りが実施され、翌28日17時半頃にナハ42+ナハ13がDepok電車区に到着し、全作業が終了しました。久々の日曜着岸となり、全24両の水切り、ないしオンレール風景のキャッチに成功。とはいうものの、久々の24時間耐久撮影となり、その後の疲れの反動が・・・。

さて、埠頭の方に出向くと、予定通り既に船は入港しておりましたが、実際に作業が開始されたのは昼になってからのことで、岸壁側から順光となり、自ずとシャッターを切る回数も増しました;;そんなわけで、12:15、1発目となるクハ204-21が吊り上がってきました。

Dsc_0633_r              水切り第一号となったナハ37,クハ204-21
Dsc_0655      今回撮影者はこれだけ、‟チョークールだわ”の姉ちゃんはいませんでした

作業が始まると、順調そのもので、出際良くトレーラーに乗せ換えられ、Pasosoに向けて出発。TanjungPriok港も現在改修工事が進められており(いずれは埠頭までの線路が復活する、はず・・・)、何かと手はずも変更されているのですが、日曜日だからか、港湾内はガラガラ。全く船も停泊しておらず、海沿いを走る南武線の姿が楽しめました。
Dsc_0042_r                     出発するクハ204-21

Dsc_0063_r                     続いて、モハ204-63
Dsc_0135_r                        モハ205-63

さて、これで埠頭にいた3台のトレーラーは全てで払ってしまい、戻りのトラックもありません・・・。3台目のトレーラーは日産UD製のロゴ付きで、日本スタイル。何故か速度表示灯も付いてます。中古車??
Dsc_0161_r             MAN,SCANIAが大概を占める中で珍しいですね

どうらや、Pasosoのクレーン業者がまた遅刻しているようで、トレーラーも戻ってこないわけです・・・。あと1両水切り出来れば、ちょうど鉄板作業に入れるのに・・・。休憩タイムにするしかありません。
Dsc_0206_r                  やっと出て来たモハ204‐61

そして、再度の小休止。鉄板タイム突入です。こちら岸壁で一眠り;;そして蓋が開いたとのことで、見学させてもらいました。
Dsc_0265_r                     びっしり詰まっています

今回、インドネシアへの車両譲渡に使われる船にしては比較的小型で、とにかく満杯に積載されています。ちなみにこの船、以前にはミャンマー向けキハの輸送にも使われた実績があるようですね。

まもなく作業が再開されそうですので、そのまま船内から。バックが海なので、なかなか良い眺めです。
Dsc_0289_r                   吊り上がるモハ205-61

そして、次には先頭車がアタマをこちら側に向けて控えておりますので、そのまま待機。
Dsc_0394_r                     6両目、クハ205-41

岸壁を見ると、ちょうどBandungから帰ってきたAdam君の姿が。ここぞというときに狙いを定めていらっしゃいますね、流石です・・・。
Dsc_0509_r                  Pasosoに向かうクハ205-21

間髪入れずに、お次もアタマ。
Dsc_0539_r                   ナハ10、クハ204-131
Dsc_0577_r                       トレーラーへ

なお、この車両、シッピングマークでは60/120であり、書類上(新津配給順)では、早くもちょうど折り返し地点を迎えたことになります。
Dsc_0606        今回で、南武編成の譲渡予定車のうち過半数がジャカルタ入りです

すでにジャカルタ入りしている編成と合わせ、これで計13本が到着し、残すは7本のみ、おそらくあと2回ほど船が着岸すれば、目出度く大団円を迎えるものと思います。埼京、横浜に比べ、両数が少ないですから、なんだかあっという間という感じです。
Dsc_0643                  岸壁沿いを行く、クハ204-131

お次も同じような光景が続きますが、とりあえず。
Dsc_0659_r                        モハ204-358

これで、船の上段、中央の船室までが空になりました。この先、船尾側での作業に移るのですが、車両吊り上げ用の鉄枠がクレーンから外されてしまいました。おや?と思い、船内のお邪魔すると・・・。
Dsc_0745_r              こういう作業を伴うのですね。 モハ204-357。

今回、中央のクレーンが船尾側まで届かないため、補助クレーンも使用し、船内でこのような水平移動をしてから吊り上げという手順が取られていました。
Dsc_0754_r                で、ここから再度吊り上げに入ります

しかし、この水平移動のためなのか、モハ204が連続で上がりました。
Dsc_0819_r_2                     モハ205-358も水平移動

そんなわけで、3号車が4号車を追い越してゆきました。
Dsc_0886_r        4号車もすぐに後追いしましたので、走行撮ったら面白かったかも

その後は、船内にゆとりが出たため、2号車,1号車を一気に水平移動し、吊り上げに入りました。が、ここで日没。
Dsc_0927_r                 船内中央に引き出された2両

さあ、ここからは体力勝負の夜間戦。

Dsc_0959_r                   水切りされたモハ205-357

三脚をPasosoで保管してもらっており、手持ちですので、これが限度・・・。次のアタマを撮ったら、Pasosoに移動するしかないな;;

Dsc_0980_r                    一応、クハ205-131も

どうせこの後、長い鉄板タイムになってしまうため、拠点をPasosoに移動です。港湾内も、お休みモードなのか暗く、今回、船からの照明も期待できないので。というか、船内クレーンの照明、まさにこのタイミングで、片側切れやがったし・・・。

さて、トレーラーを追うように、Pasosoに向かうと、なんと良いことに、2号車もまだオンレールされていませんでした。これはラッキー!!
Dsc_0014_r               1号車もトレーラーに載ったまま待機中

せっかくなので、モハ205-357のオンレール作業も見学。しかし、今日のPasosoは明るいですね!!コンテナも少なくいい感じです。
Dsc_0041_r                スタッフの皆様も、妙にやる気入ってます

そして、今回の一区切りとなる通算12両目、クハ205-131のオンレール作業が開始です。
Dsc_0055_r                       玉かけに入る
Dsc_0066_r                    トレーラーから離れる

Dsc_0081_r                   やはり今夜は団結力を感じます
Dsc_0086_2_r                   そして、所定位置まで手押し

その後、DjokoTingkirの牽引、推進により、既に到着しているナハ37の留置されている1番線(?)へ移動。
Dsc_0109_r               ナハ37+ナハ10、12連組成完了!!

あとは牽引釜の到着を待つのみ。船からの陸送も当分途絶えそうな雰囲気ですので、DjokoTingkir車内で、皆様と夕食タイム。真っ黒な手で、手づかみパダン料理!!Pasosoの夜は、ホントいつもパダンだよねぇ・・・。

そのまま雑談タイム突入で仮眠ならず。さあ、釜が先か、トレーラーが先か。
Dsc_0141_r          で、先にやってきたのはトレーラーでした。クハ204-26。                
Dsc_0154_r                  ナハ10の隣に降り立つナハ42
Dsc_0172_r     相変わらずの遅刻常習犯でしたが、奥のクレーン、日本の中古でした。

Dsc_0183_r                     そして一瞬の三並び

手押しで、Pasoso駅本屋の方に転がしている最中、ちょうど一発目の牽引役となるCC206が到着。プラレールで、Pasoso駅トリプルセットの発売を強く希望したくなる並び。オレンジチョッキのプラキッズ付きで(笑)
Dsc_0203_r                 すぐにやってきたモハ204-78    
Dsc_0224_r                     Pasoso駅本屋と205系

しかしまぁ、転がすは転がすはで、駅本屋も通りこす勢い。ここまで移動させるのは初めて見ました。
Dsc_0239_r                  23:00、配給1発目Pasoso発車

そうこうしているうちに、時刻は23時を回ろうとしていましたが、ようやく出発の許可が下りたようで、ナハ37+10がDepokに向けて発車。今回も、PasarSenen,TanahAbang経由で、DjokoTingkirとCC釜のプッシュプルで運転。DjokoTingkirが戻るまで、Pasoso駅は寂しくなりますなぁ。そしてPasoso残留組のスタッフさんは、本当にお疲れさまな感じです。
Dsc_0260_r                   順調にやってきたモハ205-78

あと、1両で次の鉄板タイムになるはずですので、次まで待って、再度港埠頭に向かおうかと画策。なんだかんだで、残りは6両ちょいというわけで、なんだかあっけない。

が、なんと次にやってきたのがアタマ。いやいや、別にアタマが来る分には構わないのだが、既に半分スリープモードになっている脳みそにこういう応用問題はキツイ;;
Dsc_0308_r              6,5,4,1って・・・。このフェイントにはやられました。

まあ、この後鉄板タイムになるのは明らかで、移動するならここしかないでしょう、というわけで、返空トレーラーに便乗させて頂き、再度埠頭へ。着いてみると、まあ予想通りで、今回も歩留まりはゼロ達成。

が、埠頭ではクレーンから台枠も外され、完全休憩モード。こりゃか当分上がらないだろう。すでに0時を回り、ここからが本当の地獄の始まりでした。しかし、あまりうたた寝し過ぎて、作業再開をすっぽかしても嫌ですので、仮眠を取るわけにも行かず、ひたすら待ち・・・。で、ようやく作業開始されたのが2時半過ぎ。しかも、またしても、船内で追加作業が行われている模様。気になったので、船内から観察してみることに。
Dsc_0357_r                      こういうことでした

先ほど、船尾側の車両を船内で水平移動していましたが、今度は船体中央部の4両吊つり上げ時に、干渉する部分があるようで、やはり一旦移動してからの手はずが取られました。しかし、こちらは船内に簡易レールまで設置されており、これもクレーンで吊り上げたのですが、フォークリフトも動員し、船尾側に引き出す作業が実施されました。ですので、水切りは超スローベース。一旦、船に入ってしまったので、すぐに下りるのも恐縮で、この箱が空になるまでは、ここに居座ろうと決めましたが、眠気で海に落ちるのではないかと、ヒヤヒヤものでした。

Dsc_0367_r     スローベースですが、1両1両確実に水切りされてゆきます。モハ204-76。

意識が朦朧としていましたので、この後の中間2両は割愛。ナハ42はコンプリートしたということにしましょう。そして次に上がるのは、ナハ13の先頭、だったのですが、それが吊り上がる頃には、すでに朝を迎えていました・・・。ホント、この4両分はキツかった。
Dsc_0023_r               クハ204-134。ただいまの時刻、6:30・・・・。

さあ、この後私は何をしたのか。覚えていません。まあ船の中で待機していたのでしょう。もちろん、ここで鉄板タイム。船首側の鉄板を取り外さねばなりません。ですから、次は当分まだ先、どうせ上がっても中間だろうとみくびっておりました。

が、そういうときに限って、またアタマが上がるんだよ・・・。なんと2回連続でナハ13のクハ。最後の最後で、やられましたね。。しかも顔の向きは連続で船首側・・・。

Dsc_0101_r                    アレマー・・・・。クハ205-134。

Dsc_0116_r         クハ205がこの向きでは、Pasosoで変えなければなりませんね

まあ、それはさておき、船に残る車両は中間3両だけ。だったら、もうここにいても意味はないと判断し、ここで埠頭とはお別れ。クハ205-134を追いかけ、再度Pasosoへ。

すると、ここで事件発生。木下重機さんが店じまいを始めているではありませんか!貸出時間が定められているのか、ローテーションのため、使えなくなるようなんですね。日本の中古は引っ張りだこなのか。
Dsc_0201_r               おかげさまで、再度アタマを狙えましたが・・・

あと4両で作業終了だったところに思わぬ伏兵が隠れていましたね。しかもトラックの台数から、Pasosoに溜めることが出来るのはこの1号車クハ含めて、4両だけですから、船側は船側で、最後の1両の水切りが出来ない状況;;なんでこうなるのかねぇ。

トレーラーはどんどんPasosoに溜まっていく一方。しかし、一向にクレーンの到着する気配なく。結局、新しいクレーンが現れたのは11時過ぎ・・・。おかげでよく寝られて、エネルギーを充電できたのは好都合でしたが、スタッフの皆さんは、予定ではすでに撤収出来ているはずで、なんだか気の毒です。
Dsc_0249_r        オンレール含め、Pasosoにナハ13が5両・・・。ようやく作業再開です。
Dsc_0419_r                         最後の一仕事!

まずは3時間近くPasosoでトレーラーに載ったまま放置された、クハ205‐134。Pasosoでの日中吊り上げシーンに立ち会うのはなんだか久々です。
Dsc_0474_r_2                      人力でナハ42に連結

その後はテキパキと作業は進み、あれよあれよという間に12連組成完成!!
Dsc_0591_r           最後はDjokoTingkirで押し込み、組成完了です。12:30。

港湾労働者の方たちは早々に撤収。そしてKAIスタッフの皆様は、牽引釜の到着を待つのみ!!
Dsc_0618_r          釜来て、サンドイッチされる前に、Pasosoでの最後の1枚

スタッフの皆様のご厚意に甘えまして、クーラーの効いたDjokoTingkit車内でしばしの休憩。こうなってくると、夕ラッシュ前に配給スジを引けるかどうか。Pasoso発14時を過ぎると、夕方以降まで配給の設定が出来ないとのことで・・・。もしかしたら、日中走行が撮れない疑惑が・・・。
Dsc_0625_r                なんとか日没前にPasoso出発です

が、しかし、13:30頃にようやくCC203が姿を現し、なんとかギリギリセーフ、14:00キッカリにPasoso発。当初も目論んでいた、いつものSudiranストレートでの午前撮影は不可能になってしまいましたが、埼京のときに何度か撮ったことのあるKemayoranで日中走行シーンを撮ってみました。
Dsc_0820                PasarSenenへ向かう回送を後撃ち
Dsc_0997            PasarSenenで折り返し、TanahAbang経由でDepokへ

Dsc_0962                 お馴染みDjokoTingkirを後撃ち

本当はこの後、面に当たらないの承知(後撃ちは順光なはず)で、Sudirmanに行こうかとも思いましたが、市内大渋滞につき断念。とりあえず、オジェックでJuandaまで出てもらい、Manggaraiまで向かうと、先行に配給がいる疑惑。あおりで、その先はチンタラです。乗客にしてみたら、いい迷惑で、Manggarai出ても今日は渋滞かよというボヤキがチラホラ聞こえましたが、Depokに到着して、なるほどご納得。港から運ばれたばかりの新車だ!!と皆口々にしており、205系の評判は上々な様子。

しかしながら、時刻の方はまもなく17時を回ろうとしており、さらにBogor方面には暗雲が立ち込め、久々の大雨になっている様子。これではDepok電車区入区シーンは完全に光量不足。

Depok駅で軽くスナップだけして、第三陣水切りレポートは〆とします。

Dsc_0985_r       ここから先はDjokoTingkirの推進のみとなるため、切り離されたCC206

入港後、約33時間、作業スタッフの皆様、お疲れ様でした!!また第四陣でお会いしましょう(出来るかな??)。

|

« ハエ32(モハ205-162,モハ204-162,クハ204-54)方転回送、他(9月26日) | トップページ | 12連試験営業終了(9月29日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2137641/61835099

この記事へのトラックバック一覧です: ナハ37,10,42,13 Yokoso! TanjungPriok !(9月27日):

« ハエ32(モハ205-162,モハ204-162,クハ204-54)方転回送、他(9月26日) | トップページ | 12連試験営業終了(9月29日) »