« ナハ12,34運輸省試験(1月21日) | トップページ | Bekasi線12連運転開始(1月25日) »

週刊マンガライレポートVol.159

Dsc_0375_r                       何もいない先週末

前回のマンガライレポートでは、次回更新は25日予定なんて流暢なことを書いてしまいましたが、ところがどっこい、先週は先週であのあと駆け込みネタが数件。さらに今週は今週で、毎日のように業務ネタが飛び込み、こちらを更新する暇すらありませんでした。ネタがないならないで、困るのですが、昨年12月前後からずっとこの調子では、体が限界です。さて、なんやかんやで、約1週間前のゲート前になってしまいますが、05-102Fは完全に取り込まれてしまい、久しぶりにがらんどうのゲート前でした。こんなものですから、ネタなんてないだろうと踏んでいたのですが、なんとハエ30が試運転翌日に運用入りしてしまい、週末に撮らざるを得ない状況になってしまいました・・・。一昨日の更新で、いきなりハエ30が登場し、おや?と思われた方も多いかもしれません。すみません。

時間も時間ですので、画像と必要最低限の事項だけ記し、ささっと終わらせていただきます。

・ハエ30全検出場、運用復帰

Dsc_0399_r                    元ヤテ車、初の全s検入り

15日に出場試験を実施していたハエ30ですが、翌16日から運用に復帰しています。これまで、試運転終了から運用入りまでかなりのブランクがあった205系ですが、順調な運用入りとなりました。
Dsc_0405_r             埼京編成唯一の小窓車になってしまったハエ30・・・

検査前は前後どちらかに編成札が残っていたと記憶するのですが、どうやら撤去されてしまったようです・・・。これでは編成番号もへったくれもないので、引き気味でもう1枚。なんとか、小窓車とうのがわかるでしょうか。

注目は、ハエ30の中間モハは全て、ハエ31からの改番になっており、これまで表記されていなかった運輸省番号がどのようになるのか注目されましたが、クハ205-42から順に、K1 1 14 327~336となっており、運輸省番号からもハエ30を名乗っています。なお、ハエ30は車輪径限度値割れ等の理由から、運輸省試験実施が大幅に遅れており(2014年2月着岸、12月試運転実施)、横浜線編成よりも運輸省番号の値が大きくなっています。
Dsc_0409_r                          え?1990製?

Dsc_0414_r                       また妙なサバを;;

さらに、このところ併記がされている製造年ですが、ハエ30オリジナルのクハ及び元ハエ31のモハは1990、オリジナルのサハは1989年という謎仕様になっています。ま、いずれにせよ間違っているわけで;;元ヤテ車ですよ!!

また、車内ファンデリアが増設されているはずですが、乗車をまだ果たしていないため、未確認です。

・6127F運用復帰
Dsc_0454_r                 とりあえず本線上に帰ってきた6127F

DCDCコンバーター故障でしばらく運用を離脱していた6127Fですが、ようやく運用に戻ってきました。しかし、週末若干の運用に入ったものの、週明けからまた離脱していたりと、どうもまだ完全に復旧しているわけではないようです・・・。メトロ車では、DCDCコンバーターが修復できない場合、そのまま廃車の可能性もあるわけで、こんな状況が続いていると、気が気じゃありません。まぁ、とりあえずは、一連の事故当該車は全て復旧したことになります。

・H28編成菱形パンタに戻る
Dsc_0434_r                    シングルアーム修復??

昨年末のマンガライレポートで、パンタ故障から菱形パンタに交換されたH28をお知らせしていますが、いつの間にか元のシングルアームに戻されていました。この他に、横浜編成では2本がシングルアームから菱形に戻されており、しかもその後復旧されることもなく、至っていますが、今回に限っては修繕されたようです。
Dsc_0454_r_2                  小窓6ドアなしのハマ線編成です

・H22編成撮り直し
Dsc_0465_r                      踏切事故当該のH22

前々回のマンガライレポートで、踏切事故で8号車の扉を損傷しH22の画像を上げていますが、前撃ち出来ましたので、再掲。といっても、ネタになるのは相変わらず最後尾でしたが。
Dsc_0469_r             やはりクハ205側だけ塗装化されているようです

ですので、後撃ちして、事故当該側を。この前、、アップした通りなのですが、クハ205側の色調がクハ204側と若干異なっており、塗装化されているのが確認出来ました。


・ハエ7撮り直し
Dsc_0564_r                  編成番号ありませんが、ハエ7です

15日にSerpong線10連試運転に駆り出されていたハエ7ですが、その後は通常運用に
戻っています。前回車内の画像しか上がられなかったため、とりあえず再掲しておきます。綺麗なうちに撮っておきましょうということです。

・激動の南武編成も撮れるうちに
Dsc_0373_r                       ナハ4+ナハ2

今のところ、動きのないナハ4+2。
Dsc_0493_r_2                       ナハ13+ナハ10

こちらも今のところ、大きな動きは出ていません。
Dsc_0604_r              今週に入り12連化されているナハ40+41

ナハ40+41は今週から12連化されていますので、10連での姿は見納めになってしまいました。
Dsc_0339_r                 未だ方転しているナハ35+ナハ44

いよいよ再12連化が実施されましたが、この編成はいずれ方転回送に出されるのでしょうか。

第5陣編成3本がKCJ帯化されてしまったことは周知の事実かと思いますが、このままゆくと、他編成にも波及する可能性が大いにあり、南武帯での営業運転は短期間のうちに終了してしまうかもしれません。南武帯撮影希望の方はお急ぎを。


なんだか205だらけのマンガライレポートでした・・・。



|

« ナハ12,34運輸省試験(1月21日) | トップページ | Bekasi線12連運転開始(1月25日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
立川市在住の者で、南武線の第二?第三?の人生?鉄生?を追いかけてコチラのページに辿り着きました(^_^;)

来週の金曜日にジャカルタをウロウロする予定にしていて路線図を眺め始めた所なのですが、色々と参考にさせて頂きます。

よろしくお願いします。

投稿: もぐら | 2016年1月23日 (土) 07時02分

元ナハ車の側面の南武線帯のこり…正面のKCJカラーとの姿はまるで日本の路線バスのラッピングみたいですね

投稿: shrozou | 2016年1月23日 (土) 18時23分

<もぐら様

はじめまして。そうでしたか。撮影の際にはPKDを警戒してください。拿捕者が発生しています。また線路際での撮影の際も、後方からの列車に常に注意ください。このところ天気がすぐれませんが、晴れるといいですね。

<shrozou様

日本の路線バスラッピングの場合、おおよそ前面のみオリジナル、側面・後方が完全広告ラッピングですから、真反対じゃないですか??

投稿: パクアン急行 | 2016年1月26日 (火) 11時21分

パクアン急行さま
遅くなってしまいましたが…コメントありがとうございます。
金曜日にアチコチで観察してきましたが色々な意味でアツいですね!

環状線を一周りした後にManggarai駅で次々とやって来る205系におぉ~っと
思いつつ、北側の構内踏切で警備の方に軽く会釈と挨拶をして写真も撮る事が
出来ましたが、(1時間遅れの)Nambo行きを待っていた日本人と日本語堪能な
現地の方に「写真大丈夫でした?最近厳しいんですョ」と言われて、忠告の意味が
理解出来ました(^_^;)

今回は駆け足の滞在でしたが、ナハ36・3の塗り絵編成もKota駅で捕まえて、
10両分の絵も一通り見る事が出来てひとまず?目標達成でした。

パクアン急行さんのレポートを今後も楽しみに読ませて頂き、また訪ねます。
取り急ぎの御礼まで。

投稿: もぐら | 2016年2月 1日 (月) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2137641/63594458

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊マンガライレポートVol.159:

« ナハ12,34運輸省試験(1月21日) | トップページ | Bekasi線12連運転開始(1月25日) »