« 週刊マンガライレポートVol.162 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信2月分 »

Serpong線10連運用増発、ハエ26運用復帰他(2月15日)

Img20160215wa0001_r                         ハエ26復活!!
                        撮影:Pascal様

KCJは前日夜、15日からのSerpong線10連運用増発(2運用から4運用)をアナウンスしましたが、これに伴い、ハエ26が予備品の到着を受けて約半年ぶりに運用復帰、さらにH2がH6からMM’ユニットを組み込み、10連化し、14日夜のから運用に入っています(Depok~TanahAbang間臨時回送。TanahAbangから既存8連車と入れ替える形で、定期列車に充当。各下り1本のみ)。ネタがないと言っていた先週から一転、今週は忙しくなりそうです・・・。さらに注目すべきは、10連はParungPanjang以西に入線出来ないため、10連に置き換わった運用のParungPanjang~Maja間が切り捨てられていますが、利便性を確保うるため、KFW4連を活用したParungPanjang~Majaフィーダーが設定されたことでしょう。既存のParungPanjang~Maja間のスジを数分ずらしで流用し、日に4往復が設定され、一部Maja行きの時刻も見直された結果、日中毎時1本ずつ(TanahAbang概ね00分発)のMaja行きが確保されました。

そんなわけで、当方としてもSerpong線の時刻表は作りなおさなければならないのですが(KCJ公式に12月17日のTigaraksa複線化開業後の新ダイヤはアップされておりますが、1月21日の10連運転開始に対応していません。)、こちらは鋭意作成中ということで、しばらくお待ちください・・・。

それよりもいつもお世話になっておりますPascal様からツボな画像をお送りいただきましたので、ご紹介します。
Img20160215wa0002_r          黒光りする車輪 よく見てみるとOMxxxxと書かれています

ハエ26の離脱は車輪径の基準値割れでしたので、車輪の供給さえ受ければ、いつでも運用に入れる状態でしたが、本来はもうとっくに到着しているはずの予備品がKCJがゴネたことにより、ここまで遅れました。ヤレヤレです。しかし長期留置中にその他の故障などが出ずに良かったですね。当初、Junda事故車から台車ごと取り換えるなんて話もありましたが、取りやめになった模様。車輪が他の編成に活用されている可能性はありますが。おそらくこちら、大宮工場に眠っていた予備品か、廃車発生品と思われます。こういう供給体制が大事です。

Img20160215wa0006_r                 スカートを損傷していたクハ205-137
Img20160215wa0005_r              今回、また新たな方式で復旧されていますね

損傷していた(他編成に流用した)スカートですが、今回、裏側からなにか緩衝材のようなものを入れられています。どうしても、このオリジナル型のスカートにこだわりたいようですね。鋳鉄シューもそろそろ在庫が尽きかけており、いずれ損傷の頻度も減少するとは思いますが。

その他、先出し情としてH2の組成変更情報を。

H2の10連化:204-62,204-102,204-191,205-191,204-184,205-184,205-122,204-183,205-183-205-62

また、H28が埼京オール4扉車に合わせた組成に14日から変更されています。本件とは関係ないですが、忘れないうちにメモしておきます。

H28組成変更:204-15,204-187,205-187,205-30,204-45,205-45,205-29,204-43,205-43,205-15

これにより、運用から外れているのは2M2TのH4、そして2M4TのH6になりますが、今後もしばらく組成組み換えが続きそうで、目が離せません。

Img_20160215_115205                    15日から10連化される列車
Img_20160215_115236                 上記10連に接続するMajaフィーダー


修正時刻表完成までしばらくお待ちください。

|

« 週刊マンガライレポートVol.162 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信2月分 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

東との関係が正常化して205系の部品が今後も安定的に供給されれば205系の共食い整備なんて可笑しな事はなくなっていくのでしょう ちなみに大宮は現在でも武蔵野線や宇都宮線(日光線)の205系の検査(全検)を受け持ってます

蛇足ですが長野に廃車回送されたナハ46編成が長総の解体線入りして近々解体される模様です

投稿: shrozou | 2016年2月16日 (火) 13時01分

<shrozou様

205系の場合、国内にも同形式亜が当面の間残るというのが大きいですよね。今後もJREとの良好な関係が続くことを願うばかりです。背に腹は代えられないのでしょうけど、こんなときにメトロ車をまた買ってどうするの、といった感じです。

投稿: パクアン急行 | 2016年2月18日 (木) 02時46分

パクアン急行様
そうですね.東からは
235系の量産化が進まないと東日本での中古車の大量発生の可能性は少ないですからね

投稿: shrozou | 2016年2月18日 (木) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2137641/63976789

この記事へのトラックバック一覧です: Serpong線10連運用増発、ハエ26運用復帰他(2月15日):

« 週刊マンガライレポートVol.162 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信2月分 »