« H25,H24 12連試運転(6月25日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.182 »

(不定期更新)月刊デポック通信(6月分)

Dsc_0091_r                          第二の橋より

マンガライレポートの前に、デポック通信を先に・・・。ダラダラ引きずっていると、アップするタイミングを逸してしまいそうですので。8610Fの入場、H23の組替えと、何かと動きがありそうですので、タイミングを見計らって、橋の上からウォッチングしてみました。それでも、H23,24,25、そしてH9が絡む組成変更劇は、最後にナハ34,39との差し替えを実施したのをもって完了してしまっていますので、このデポック通信はほぼ意味をなさないものになってしまっているのですが;;

Dsc_0011_r                   今日はまたぎっしり詰まっています


まずは廃車置き場から。特に大きな動きはありませんが、既に2か月以上も離脱している7117Fもこちらに留置されておりました。さらにナハ40,41も留置されており、このまま編成をバラされ、H24との間でM車の差し替えか、とも思われましたが、よく見てみると編成が方転してしまっています。聞くところによると、この前の8610F脱線のときに、なんらかの理由で環状線経由で迂回運転が実施され、このようになってしまったようです。気づきませんでした・・・。ですので、組成変更には再度方転する必要があり、単純に、交番検査等による検査入場のための留置でした。ナハ40,41は広告ラッピングのない、オール南武帯の唯一の編成になってしまいましたので、編成バラされることなく何よりです。帯色変更される前に、また撮らねば!!
Dsc_0039_r                  DjokoLelono2はこんなところに

また先日、突如としてBogor電車区からDepok電車区へ廃車回送されたDjokoLelono2こと6151・6188の動向も気になっておりましたが、だいぶ遠いところに留置されており、このように無理やりズームで収めるしかありませんでした。場所的には第二の橋からの方が近いですが、メトロ中間車がその奥に留置されているため、ここから撮るしか他はなさそうです。Bogor電車区ではほぼ門外不出だったDjokoLelono2、結局ほとんど人目に触れぬまま、引退となってしまいました。Bogor電車区に牽引車として配置されたものの、すぐに車両故障を起こしており、牽引車としての活躍は本当に短い期間だったようです。いつも蔵の中にしまわれており、外から眺める機会もほとんどありませんでした。
Dsc_0047_r                     6168Fは修繕完了。通電中!!

またまたこんな証拠写真で恐縮ですが、車両故障が発生していた6168Fは、幸い致命的なトラブルではなかったようで、通電中でした。床下からの発煙は、他形式においてもしばしばある事象ですが、さすがに今度こそはダメかもしれないという覚悟を決めていましたが、無事復活です。
Dsc_0088_r                      H27は動きなし・・・

続いて第二の橋へ。全景は冒頭で出していますので、各車両を見てゆきましょう。最終的には全車復活となるはずの205系ですが、未だ離脱しているH27、H4の動きが見えてきません。組替え案件がひと段落した今、そろそろ動き出してもよい頃だと思いますが。
Dsc_0100_r                           そしてH4

結局最後にあぶれてしまったH4の4連・・・、果たして使い道は・・・。隣の5817Fはおそらく予備編成なのでしょうけど、ここのところ運用入りが確認されていないので心配です。さらにその隣のメトロ中間車の奥がDjokoLelono2です。
Dsc_0125_r             当時はまだ暫定4連のH24。オールトレーラーです。

Dsc_0052_r                     入区してきた05-108F

すると、05-108Fが6168Fの隣にやってきました。こんな時間に8連の入区なんてないよなぁ、と思っていると、本日のNambo運用で、Depok~Duri間が切り落とされたため、毎回毎回、一旦電車区に引き上げているようです。
Dsc_0081_r                      最後に全検棟を

8610Fが順調に検査を受けています。車輪削正はハエ12です。
Dsc_0116_r             すでに塗装変更を終えている8610Fの一部車両と

改造線では全検中の8610Fのうち、すでに塗装変更を終えた車両がRakitanに連結されていた他、8039Fが部品取りのため、こちらに引き出されていました。8039Fの復活の可能性はもうゼロですね。

Dsc_0076_r                    とりあえずピット線の方も

東急・メトロ・東葉とぎっしり詰まっております。8連編成にはまだまだだいぶ余裕がありますね。

以上


























|

« H25,H24 12連試運転(6月25日) | トップページ | 週刊マンガライレポートVol.182 »

ニュース」カテゴリの記事