« 週刊マンガライレポートVol.181 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信(6月分) »

H25,H24 12連試運転(6月25日)

Test20585               横浜線編成の編成組み換えもついに終了!!
                      画像提供:Ima様

6月25日、4連化されたH24編成がH25編成と組み、12連試運転をDepok~Manggarai~Depok~Manggarai間で実施しました。既報の通り、H24はH9及びH23の10連化にMM’ユニットが供出され、Tc,T,T'Tc'の4連となり、Depok電車区に留置が続いていましたが、6月24日よりナハ39,34が6M6T化(詳細はマンガライレポートで)され運用に復帰しており、H24のサハとナハ39のMM'67との間で差し替えが実施され、H25と組む形で12連化されました。画像はいつもお世話になっておりますIma様からのご提供です。ありがとうございます。そしてお疲れ様でした。

Test20584         折り返しも同地点より。今回も4連がBogor側に連結されています。

気になる編成は以下の通りです。

H25,24:204-84,204-125,204-230,205-230,205-145,204-229,205-229,205-85+204-84,204-67,205-67,205-84

これまでの通例ですと、組成変更後、試験翌日には運用入りしていましたが、今回日曜日には運用入りせず、さらに週明けにはH25が単独でNambo運用に充当されているのが目撃されております。8連車がそこまでひっ迫しているようにも見えないのですが、かと言って12連もすぐに必要というわけではないのでしょうか。Bogorの10連を12連で置き換え、玉突きでBekasiの1運用を8連から10連化というのが妥当な線と言えそうですが。

ですので、ひとまずは横浜編成の組替え完了!!ではありますが、今後もこのように突発的に編成をバラして、8連運用の代走的なことは実施されるのでしょう。ただそれを言ってはキリがないですから、H25,23が営業運用を開始した時点を、8連消滅ということにしようと思います。また組替え完了とは言うものの、H27のクハや、H4の処遇もまだ明らかになっていないわけで、今後もしばらくは様子見の日々が続きそうです。

ともあれ、一仕事区切りがついたというのに変わりはありません。となると、今後は塗装の統一というような流れが出来てくるのでしょうなぁ。

※6/28日朝より、H25,24の12連で運用入りしているのを確認。これにて205系8連単独運用は消滅。

|

« 週刊マンガライレポートVol.181 | トップページ | (不定期更新)月刊デポック通信(6月分) »

ニュース」カテゴリの記事